頭皮の皮脂が原因で本当に薄毛になる?

頭皮の皮脂が薄毛の原因なんて一度は聞いたことありますよね。

頭皮

頭皮の皮脂が原因ではげる?

本当に皮脂が原因で薄毛になるんでしょうか?答えはNOになります。厳密に言うと多くの場合NOです。(YESの場合も稀ですがあります。)

確かにAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが増える事も関係しています。頭皮の脂も男性ホルモンが増えると分泌量が多くなります。

この仕組みがあるので勘違いされている部分もあると思いますが、皮脂の分泌量が多くても薄毛になっていない人はたくさんいます。

男性ホルモンと皮脂の分泌量は関係している事は事実ですが、AGAとは関係ないのです。

頭皮の皮脂をごっそり取り除くシャンプーはどうなの?

男性ホルモンの影響を受けやすい体質をもっているからAGAになっているのが本当の所です。育毛剤やシャンプーの宣伝が皮脂と脱毛が関連しているようなキャッチコピーを使用しているから誤解してしまいますよね。

頭皮

私自身も頭皮の脂が多い方でこれが薄毛の原因と思っていた時期がありました。

スカルプシャンプーの宣伝で芸能人の薄毛が治ったなんて言っていた時期は本気でそう思っていました。

よく調べてみるとシャンプーと薬の治療を併用している事を知りました。シャンプーのホームページにも小さい文字で薬との併用ですと書いてありました。ただあの宣伝の仕方はあきらかにシャンプーが薄毛治療に有効といっているようなものでした。

それでも頭皮環境を整えていれば進行はしないのでは・・・と考えていました。無知とは怖いですね。

実際にシャンプーも3年程使用しましたが全然髪の毛は増えませんでした。それどころか減っていきました。(シャンプーによって減ったわけではありません。AGAはほっておくと進行するからです。)

やはり薄毛治療に関して知識を付けておくことは治療をする上で重要であると思いました。

しかし過剰な皮脂の分泌により脱毛する脂漏性脱毛症という症状も少ないケースではありますが、あるにはあるんです。

ただしオイリー肌(脂性肌)の男性でも脂漏性脱毛症に該当する人はほとんどいないと言われています。

脂漏性脱毛症は過剰な皮脂の分泌が異常に多い事によっておきます。原因は特定しづらいのが現状です。直接的な原因はマセラチアという真菌が異常発生する事といわれています。これによって脂漏性皮膚炎となり抜け毛がおきてしまいます。

この脱毛症には2種類のケースがあると言われています。

1つは激しい炎症が起きる事によって脱毛すること。もうひとつは毛穴に脂が詰まる事で発生する脱毛です。この場合は大量のフケが伴います。

いずれにしてもこのケースの場合は慢性化する前に医師に診察してもらうことをオススメします。

オイリー肌で炎症はなく、大量のフケも発生していないという人はAGAと診断されるケースがほとんどになりますのでAGA専門クリニックに一度頭皮を診てもらうことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする