薄毛治療の最強薬 ミノキシジルタブレットの効果とは?

ミノキシジルは攻めの薬と言われています。特にミノキシジルタブレットの効果は絶大です。(フィナステリドは守りの薬と言われています。維持する意味合いが強い。)

血管拡張作用があり、元々は降圧剤として開発されていてその副作用として多毛が認められたため、それを利用して発毛薬として用いられるようになりました。

“血圧を下げる薬ですので飲むのはさすがにまずいでしょ”ということで外用薬として日本で認可されています。

外用薬で市販されているリアップが代表的な薬になります。頭に直接塗布するタイプの薬で発毛効果が認められています。

外用薬では効果が薄い為、AGA専門クリニックでは主に内服薬のミノキシジルが処方されています。(内服薬のミノキシジルをミノキシジルタブレット(ミノタブ)と言います)

”なぜ認可されていない薬を処方できるんだよ”

と思いますよね。

別に法律違反でもなんでもないんです。国の医薬品保護制度からは除外されますという意味で医師の責任の元で処方してくださいという位置づけになっています。

よくミノタブ(ミノキシジルタブレット)といわれているものがこれに当たります。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの効果は最強!?

インターネット上ではミノキシジルタブレットは最強の毛生え薬という記事をよくみかけます。

私自身服用して確かめている途中ですが、体験談や医師からの話しから考えると事実だと思います。ミノキシジル外用薬の場合、頭皮からの吸収はしにくいという問題がある為、塗布しても限定的な効果となっているのが現状です。

ミノキシジルタブレットはなぜ外用薬より効果が高いのでしょうか?

実際にインターネット上の口コミや医師からの話しでは効果がかなり高い!と多くの人からの反響があります。

理由は2点です。

1.血管拡張作用により、より多くの栄養分や酸素が頭皮にとどく。

2.今ある毛細血管以外に新しく血管が増えることにより、より多くの
栄養分や酸素がとどく。

血管が広がり、更に栄養分や酸素を運ぶ血管自体が増えて発毛すると言われています。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットは効果の強い反面、副作用が気になる薬になります。

主な副作用は以下になります。

低血圧、動悸

体毛が濃くなる(多毛症)

肝機能障害

倦怠感

肌荒れ、ニキビ

動悸は気になりますよね。心臓になんかがありそうで怖いというイメージがあります。

副作用が出る確率は低いと言われていますが、動悸が出た場合は医師に相談する必要があります。元々低血圧の方は医師へ相談する必要があります。AGA専門クリニックでは血圧測定を必ずしますので人によっては服用はできないと言われる可能性もあります。

ミノキシジルタブレットを発毛剤として認可している国は1つも無いというのが現状です。発毛剤として使用するにはリスクが高いということだと思います。

インターネット上の口コミや私が実際に医師から聞いた説明だと殆どの人は動悸の症状は出ないとのこと。それでも、副作用として出る人がいるのは事実ですので服用する場合は注意が必要です。

少しでもおかしいと思った時は服用を中止して医師相談する必要がありますね。私が受診している銀クリでも動悸などの異常が出た場合はすぐ連絡してくださいと言われました。

もう一つの副作用である多毛症は男性であれば気にする必要はないような気がします。

髪の毛が増えるというメリットの方が体毛が増えるというデメリットよりもはるかに大きいと思います。私自身はメリットの方が大きいと考え服用をしています。

これをどう考えるかで服用するか服用しないか自分自身での判断をしなければいけません。

まとめ

心臓や肝臓に問題ある方は服用しない方がよさそうですね。薄毛の悩みも大きいものですのでメリットとリスクを考えたうえで医師へしっかり相談するところから始める事をオススメします。

私自身も銀クリで処方してもらい、効果は絶大ではっきりと発毛しています。当然、個人差はあるのですが発毛させたいという思いが副作用の恐怖と天秤にかけたときにどうかというのが結局のところ決めてです。

銀クリで処方されたミノキシジルタブレットの効果はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする