AGA治療にかかる費用はいくら?|AGA病院での費用を安く抑える重要な手順とは?

AGA治療はしたいけどいったい費用はいくらかかるの?この点にフォーカスしていきたいと思います。

まず知るべきはAGA治療に必要な費用はおおよそどのくらいかかるのか?相場を知りましょう。AGA費用の相場がわかればそれに対して高いとか安いという判断ができるようになります。

基本知識としてAGA治療は大きく4つの治療方法をおさえておきましょう。

1.AGA治療薬(内服薬)での治療

この治療は基本治療でほとんどのクリニックで行われているものです。フィナステリドとミノキシジルタブレットの服用をして抜けにくくしかも発毛させてしまおうという薬です。正直、どこのAGA病院で処方してもらっても効果に差はありません。

2.HARG療法

人間の組織を形成する『幹細胞』から抽出した150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入して毛包をよみがえらせ毛母細胞を強力に刺激する事で発毛促進します。

3.育毛メソセラピー

フィナステリド、ミノキシジル、銅ペプチドなどの薬剤と直接頭皮に注入する事で抜け毛を防ぎ発毛を促進させる。最近では成長因子も導入しているクリニックが多くなっている。

4.自毛植毛

主に後頭部のフサフサした箇所から髪の毛を採取して薄毛部分に植毛するという治療です。主にAGA治療で効果の出にくいM字ハゲの方が利用するケースが多いようです。

これを踏まえてAGA治療における費用の比較、安く抑えるポイントについてみていきましょう。

AGA初期の方(現状維持をしたいという方)にはプロペシアでの治療がおすすめ。費用が抑えられます!

最近、抜け毛が増えたし父親はハゲてるし数年後が不安という方にはプロペシアでのAGA治療をおすすめします。

プロペシアの主成分であるフィナステリドの効果は医学的に証明されていてAGAが原因の抜け毛予防に絶大な効果があります。

薄毛の原因はAGAを始め、円形脱毛症や不規則な生活等いろいろとありますが男性の薄毛の大半はAGAが原因です。

という事は薄毛になる前にプロペシアを服用し始めれば大半の方はAGAによる薄毛を防げるという事になります。

自分がAGA発症するかわからないから調べたいという方にはAGA遺伝子検査というものがあり、この検査では将来AGAになる可能性がどの程度なのかというのを調ることができるんです。

AGA遺伝子検査の記事はコチラ

AGAになる可能性が高いという事を調べてからでも遅くはありません。

無駄にAGA治療しなくてよくなるので検査をするのも費用を抑える1つの手段です。

AGA

プロペシアの費用比較

プロペシアはどこで処方してもらっても同じ薬ですので安く抑えられる方がいいですよね。費用の相場は7,000~10,000円位です。

しかし副作用の可能性もあり、専門的な知識を持った医師に診察してもらった上で処方して処方してもらう事がベストでしょう。

AGA専門の病院にいく事をオススメします。

理由は服用する前に血液検査してくれるので安心感があるという事です。特に肝機能障害が起こるケースがあるので注意が必要です。

特に初めてAGA治療をする方は専門病院で診察してもらう方が良いでしょう。皮膚科等の街中のクリニックだと血液検査をせずに処方して終了という事も多いようですので注意した方がよさそうです。

それでは大手AGA専門病院のプロペシアの費用を比較してみましょう。

プロペシア(1ヵ月分) 費用比較表

AGAクリニック名 プロペシア費用(税別)
AGAルネッサンスクリニック 初回3,889円 2回目以降6,019円
AGAスキンクリニック 初回4,200円 2回目以降7,000円
ヘアメディカル 6,500円
ヘアジニアス 6,000円
銀座総合美容クリニック 7,000円
東京AGAクリニック 7,000円
 聖心毛髪再生外来 9,500円

他にもありますが特に費用を抑えられるのはAGAルネッサンスクリニックです。初回も2回目以降も低価格な費用となっており、継続してAGA治療するには良心的と言えますね。

AGA

AGA治療薬(フィナステリド、ミノキシジル)の費用(相場と大手AGA病院比較)

治療を受ける大半の人はフィナステリドとミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用します。これがAGA治療の基本と考えましょう。費用の相場はフィナステリドとミノタブをセットで考えて25,000円~30,000円程度です。

20,000円を切る設定にしているクリニックは良心的と言えるでしょう。

フィナステリドはプロペシアのジェネリック医薬品ですので効果は同じです。ミノタブの効果は絶大で積極的に発毛させる役割になります。

守りのフィナステリド、攻めのミノタブを併用する事で発毛サイクルを正常化させて更に発毛を促進させて毛量を増やして髪の毛1本1本を太くしていきます。

フィナステリドと同様ミノタブにも副作用のリスクがあり、肝機能や性欲減退、血圧低下等があげられます。血流を良くしますので元々低血圧の方は注意が必要です。

ミノタブは通常の皮膚科では取り扱っていないケースがほとんどです。AGA専門病院での処方が基本となっています。

AGA専門病院では血圧計測をしたり、容量の少ないミノタブで副作用が出ないかなどを慎重に試しながら服用するので安心です。

それでは気になる大手AGAクリニックの費用を比較していきましょう。

AGA治療薬(フィナステリド+ミノキシジルタブレット)(税別)

AGAクリニック名 AGA治療薬 費用
AGAルネッサンスクリニック 16,250円
銀座総合美容クリニック 17,500円
AGAスキンクリニック 35,000円
ヘアメディカル 25,000円
ヘアジニアス 30,000円
東京AGAクリニック 25,000円
ゴリラクリニック 16,000円(初回9,800円)
聖心毛髪再生外来 26,000円

費用にかなりの開きがあるのが現状です。ここで理解しておかなければならないのはクリニックが違っても効果の差が少ないという事です。

同じ成分が入っているわけですから当然ですよね。

クリニックで処方されるフィナステリドとミノタブには亜鉛やビタミンなど必要な栄養も含まれていますので成分自体に大差はありません。

安くAGA治療薬を処方してもらう時のポイントは3点です。

①価格を調べて低価格なAGAクリニックをピックアップする。

②その中で交通費はいくらになるかを調べる。

③薬は3ヵ月分までなら1回で処方してもらえるので(一応クリニックに

 確認する)AGA治療薬(3ヵ月分)+交通費がいくらかで比較する。

補足・・・3ヵ月分一括払いが厳しいという方は2ヵ月又は1ヵ月で総費用の計算してください。

育毛メソセラピーの費用(相場と大手AGA病院比較)

育毛メソセラピーはAGA治療薬との併用が基本です。育毛メソセラピーのみでの治療というのはありません。ちなみに費用はばらつきがありますが1回50,000円~70,000円が相場で6~8回を1クールとして行います。

育毛メソセラピーで勘違いしてはいけないのは

発毛効果を増大させるというよりも

発毛スピードを最大限早くするというのが正解です。

(人によっては内服薬のみよりも効果が高いという人もいるようです。)

AGA治療薬で2年かかったものが育毛メソセラピーを併用すると6ヵ月でMAXまで発毛してしまうというイメージです。(個人差があります)

なぜ育毛メソセラピーを併用するのか?

AGA治療薬の服用で限界まで発毛させる場合、1年~2年程度の時間がかかります。限界まで発毛させるまではしっかり薬を飲み続けなくてはいけません。毎月2万円~3万円の出費が続くという事になります。自身が満足した時点で減薬していくという流れになります。

当然減薬できれば治療費用も安くなっていくという流れです。

これを育毛メソセラピーを併用して半年に短縮できれば、減薬への道が早くなり薬代を抑えられるというメリットがあります。

総額では安かった。というケースがあるという事です。

当然2年かかるよりも半年でMAXの方がいいですよね。

AGA

育毛メソセラピーの費用比較

AGAクリニック名 育毛メソセラピー1回 AGA治療薬(フィナ+ミノタブ)
銀座総合美容クリニック 19,440円 17,500円
AGAルネッサンスクリニック 69,800円 16,250円
AGAスキンクリニック 70,000円 35,000円
ヘアジニアス 64,800円~ 50,000円
聖心毛髪再生外来 55,000円~ 26,000円

AGA治療薬と育毛メソセラピーは併用治療で最大の効果が出ると言われていますので合計費用で考える必要があります。

ダントツ安く費用を抑えられるのは銀座総合美容クリニック(銀クリ)です。

銀クリの育毛メソセラピーを詳しく知りたいという方はコチラ

しかし育毛メソセラピーの併用治療をするならAGAルネッサンスクリニックもオススメです。

銀クリでは成長因子が3種類なのに対してAGAルネッサンスクリニックでは5種類の成長因子が入っていますので更に強力と言えます。6回の価格で388,000円。更にモニターになれば6回で258,000円(1回あたり43,000円)に抑えられます。

AGA治療薬も12ヵ月使い続けると翌月から10%引きとなる継続割りというお得なシステムもありますのでかなりお買い得になりますね。

AGAルネッサンスクリニックの育毛メソセラピーを詳しく知りたい方はコチラ

とにかく価格重視で考えるなら銀座総合美容クリニック

効果と価格のバランスを考えるならAGAルネッサンスクリニック

といったところです。

HARG療法の費用(相場と大手AGA病院比較)

HARG療法は非常に発毛効果が高いと言われていて安全性の高い薬剤を使用している為、特に副作用は発生しないと言われています。

AGA専門病院ではミノキシジルタブレットを服用して発毛させるという方法がほとんどですが副作用のリスクがあるとされています。

また1クール6回で発毛させて、その後はフィナステリドで毛量を維持するという事になりますので初期費用はかかりますがHARG療法が終了したら月々の費用が6,000円~10,000円程度に抑えられます。

AGAクリニックではHARG療法終了後、2~3ヵ月に1回フォローアップ注入を勧められますのでこれを実施すると維持費もそれなりにかかってきます。

気になるHARG療法の相場は頭部1/3で注入した場合・・・80,000円~100,000円です。

AGA

HARG療法の費用比較(税別)

AGAクリニック名 HARG療法1回
HARG治療センター 180,000円
横浜中央クリニック 80,000円
四谷ローズクリニック 80,000円
ガーデンクリニック 80,000円
大宮中央クリニック 80,000円

殆どのクリニックでは1回80,000円という料金設定となっています。

HARG療法と育毛メソセラピーの違い

AGA

HARG療法と育毛メソセラピーの違いは簡単に言えば薬剤に「成長因子」が入っているかどうかの違いです。HARG療法には「成長因子」が入っていて、薄毛になる前の発毛状態に戻していくという事をしていきます。薄毛になる前の状態に戻していきますので治療終了後も維持が出来ると言われています。

実際には1~3ヵ月毎にメンテナンスをしなければならないので治療が終わるという事はありません。メンテナンスをしないという方でもフィナステリドの服用をして維持するという形になります。

一方、育毛メソセラピーはHARG療法よりもコストメリットがあります。しかも現状では「成長因子」が入っている薬剤を育毛メソセラピーに使用しているケースがありますのでどんな薬剤を使用しているのかAGA病院に聞いてみるのがいいでしょう。

なぜHARG療法と名打たないのか?気になりますよね。それはHARG療法という名目で治療するには日本医療毛髪再生研究会から承認を受けた医療機関しか施術が認められず、またそれ以外の医療機関は「HARG療法」を名乗ることができないからです。

但し「HARG療法」は長年の実績があり、確実な効果が確認されている治療になります。育毛メソセラピーは気になるAGA病院に行って内容と費用の確認を十分にする必要があると言えます。病院によって薬剤に入っている内容が異なりますので効果にも違いがあります。

無料カウンセリングでよく確認して判断する必要がありますね。

自毛植毛の費用(大手AGA病院比較)

自毛植毛はその名の通り自分の髪の毛をフサフサしている箇所から薄くなっている部分へ移植する手術になります。

この治療は内服薬や育毛メソセラピーを行っても生えない箇所に実施するのが良いでしょう。

発毛しにくい個所と言えばM字部分だと思います。M字部分へ自毛植毛して他部分は内服薬で治療するなど併用するとより効果が高くなります。

自毛植毛費用比較(税別)(補足…1グラフトとは1つの毛穴から生えている毛をいいます)

AGAクリニック名 費用(1グラフトあたり)
親和クリニック 1,200円
アイランドタワークリニック 1,200円
AGAルネッサンスクリニック 663円~996円(グラフト数で変わります)

自毛植毛は手術をすることになりますのでよくカウンセリングで疑問点を確認する事をおすすめします。

AGA治療薬の個人輸入という手もありますが・・・

最強に費用を抑えるなら個人輸入です。・・・があまりオススメはできません。全て自己責任の元服用しなければなりませんので非常に危険です。

副作用の可能性があり、AGA専門病院で診てもらう事を推奨します。

特に初めてAGA治療するという方はAGA専門の病院を受診する事を強くオススメします。AGA専門病院であれば血液検査をしたうえで問題なければ処方という流れになり安心して服用する事ができます。

又、徐々に薬の容量を増やして様子を見たり、異変が起きたときや薬の飲み合わせなども電話相談で聞くことができます。

何年もAGA治療していて副作用は一切起きないという事を確認してからでも遅くはありません。

自分の身体は自分で守りましょう。

AGA病院での費用を安く抑える重要な手順

AGA

AGAの費用を安く抑えるには結局どうすればいいの?私なりに考えた手順を解説します。

1.無料カウンセリングで自分の状態を知る。

2.髪の毛を発毛させたい期間をどうしたいのか決める。

3.AGA治療薬の費用が抑えられるクリニックを選択する。

1.無料カウンセリングで自分の状態を知る。

自分の状態を知ることでどんな治療方法が自分には適しているのかが分かります。細かい部分の費用も教えてもらえるので興味のあるAGAクリニックに行ってカウンセリングをまずは受けましょう。

いろいろなAGAクリニックでカウンセリングを受ける事でAGAに関する知識もつきますので一石二鳥です。

2.髪の毛を発毛させたい期間を決める。

半年~1年で発毛させたいのか、2年かけてもいいのかで治療方法が変わっていきます。半年でMAXの状態に近づけたいという事であれば育毛メソセラピーを受ける必要がありますし、2年かけてもいいという方はAGA治療薬になります。

AGA治療薬の効果の出方は個人差があり、6ヵ月程度でフサフサになってしまうという方もいます。個人の状態にもよりますのでAGAクリニックで相談する事をオススメします。

自分に必要の無い治療方法はなるべく避けるという意味でも重要です。

3.AGA治療薬の費用が抑えられるクリニックを選択する。

AGA治療において内服薬は必ず服用しなければなりません。服用しないとせっかく発毛した髪の毛がまた抜けてしまうからです。維持するには必須になります。

ずっと飲み続けなければならないので良心的な料金設定のAGAクリニックを選択する事が重要です。

3ヵ月分を1回で処方してくれるクリニックも多くありますので、3ヵ月分のAGA治療薬と交通費を合計して考えるとどこで受診すると費用が抑えられるか見えてきます。

AGA治療は継続する必要がありますので費用が抑えられるAGAクリニックを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする