AGAって何?薄毛治療のこと?

AGAって言葉を何となく聞いたことあると思います。Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことで、いわゆる【薄毛】の事です。

画像⑦

CMでも“お医者さんに相談だ!”なんてやっていますよね。病院に行くにも抵抗あるし、自己流で薄毛治療するにも不安があると思います。

AGAとは何なのか、なぜ薄毛になるのかを知ることが自分の髪の毛を取り戻す第一歩になります。

AGAの最大の敵は男性ホルモンの影響にあります。なぜAGAになっていくのか原因を詳しく見ていきましょう。

AGAになる原因は?

男性ホルモンの「テストステロン」が血液によって全身に流れます。そして頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつく事でより強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

このDHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターという受容体と結合して脱毛因子(TGF-β)を増やしていきます。

脱毛因子(TGF-β)はFGF-5(脱毛指令を出すタンパク)に伝達されて髪の毛が抜けるように指令を出します。この一連の流れでヘアサイクルが乱れて髪の毛が減少していきます。(又は髪の毛が細くなっていきます。)

ヘアサイクルは一般的に成長期、退行期、休止期の3段階で出来ています。

成長期は平均で男性は3~5年、女性は4~6年と言われています。

退行期は毛を成長させていた毛母細胞の細胞分裂が減少して、髪の毛は毛乳頭から離れていき次第に押し上げられていきます。この期間が2~3週間。

休止期になると脱毛が始まり、(この期間は3~5ヶ月。)細胞分裂が完全にストップして下から新しい毛が古い毛を押し上げる事によって抜けていきます。

このヘアサイクルが乱れると成長期が極端に短くなり、満足に成長する前に退行期、休止期へと移っていきます。恐ろしい事に産毛のうちに抜けてしまうなんてこともあるんです。

さらに進むと完全に生えてこなくなります。

AGAは薬で治療ができます。

イラスト①

現在、AGAは病院に行けば治療ができます。

テストステロンと5αリダクターゼを結合させない事により脱毛原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する事ができる治療薬(フィナステリド)というものがあるからです。

治療薬を手に入れる方法は病院に行くか、インターネットで個人輸入するかの方法になります。個人的には医薬品なので自分自身の体の事も総合的(副作用なども含めて)に考えれば薄毛治療のできる専門病院に行くことが最善だと思います。

無料でカウンセリングを受けて専門医へ相談もできますので気楽な気持ちでまずは話しを聞いてみるのも一つの手ですね。AGA治療のポイントは始めの一歩(無料カウンセリング)です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする