5αリダクターゼを抑制する方法とは?5αリダクターゼとはそもそも何?

薄毛治療に関する書籍や記事で5αリダクターゼという言葉をよく見かけますがいったい何のことなのか、AGAにどんな影響があるのでしょうか。

5αリダクターゼ

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼとは人間が持っている酵素の1つで、AGA発症に大きく関係している酵素です。主に前頭部、頭頂部の毛乳頭に存在しています。

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合する事によってできるDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換されます。このDHTが毛乳頭内の男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合する事によって薄毛となっていきます。

これがAGAです。5αリダクターゼの作用を抑えていかないとAGAは抑える事が出来ないという事になります。

逆に考えれば5αリダクターゼさえ抑えれば薄毛は抑える事が出来るという事です。

5αリダクターゼのメカニズム

5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって決定すると言われています。分泌量には個人差がありますが父親、母親のどちらかが5αリダクターゼの分泌量が多い遺伝子をもっていると子供にも受け継がれていくのです。

遺伝的要素が大きいので父方、母方のどちらかがハゲ家系の人は5αリダクターゼを抑制する方法を考えないとハゲが進んでいくかも・・・特に母方の遺伝を受けやすいと言われていますので母方の祖父がハゲているという人はまだ薄くなっていなくても要注意です。

既に薄毛という方も諦める必要はありません。5αリダクターゼを抑制して発毛させる方法がありますので前向きに考えて行きましょう。

5αリダクターゼは2種類ある!?

5αリダクターゼには1型2型があります。1型と2型とは何なんでしょう。

  • 1型5αリダクターゼは全身の皮脂腺に存在します。
  • 2型5αリダクターゼは前立腺や前頭部(生え際)、頭頂部の毛乳頭内に存在します。

かなり限定的な場所にのみ存在することになります。

AGAで脱毛するのは生え際や頭頂部ですので薄毛に大きく影響しているのは2型5αリダクターゼの可能性が非常に高いということなんです。側頭部や後頭部は2型5αリダクターゼが存在しない為、はげにくい個所と言えます。

確かに側頭部と後頭部だけ残っている禿げ方って見たことありますよね。っていうか結構見ますよね。

あれは2型5αリダクターゼが大きくかかわっている可能性が高いのです。

それではこの2種類の5αリダクターゼを抑制(阻害)する方法をご紹介していきます。

5αリダクターゼを抑制(阻害)してDHTを抑制する3つの方法

5αリダクターゼ

5αリダクターゼを阻害してDHTを抑制する方法は

①フィナステリド又はデュタステリドを服用する。

②薄毛治療のできるAGA専門クリニックで育毛セラピー等の直接頭皮へ注入する治療を受ける。

③5αリダクターゼを阻害すると言われているサプリメントを服用する。

①フィナステリド又はデュタステリドを服用する。

最も薄毛治療に効果のあるのはAGA治療薬を服用することです。何と言っても医学的根拠があり実際に発毛又は薄毛進行を防止する効果が実証されています。多くの人がこの方法で改善を体感しているというのは大きいですね。

AGA治療薬で5αリダクターゼを阻害してDHT生成を抑制する効果があるのはデュタステリドとフィナステリドです。

デュタステリドとフィナステリドの違い

デュタステリド・・・1型、2型共に阻害する効果があり、DHTを抑制する効果がある。フィナステリドよりも発毛効果が高いとされている。

フィナステリド・・・2型5αリダクターゼのみに効果があり、こちらもDHTを抑制する効果がある。主に2型5αリダクターゼがAGAの主因となっている為、フィナステリド服用でのDHT抑制効果は高い。

どちらも医薬品ですので副作用のリスクがあるのが現実です。

副作用リスクが高いのは効果の高いデュタステリドです。こちらの方が副作用になる確率が上がります。フィナステリドを服用して効果が無かったら服用するという位置づけで考えた方がベターでしょう。

②薄毛治療のできるAGA専門クリニックで育毛セラピー等の直接頭皮へ注入する治療を受ける。

2つ目の育毛セラピーはAGA治療薬と併用する事が前提の治療になります。併用する事によって発毛スピードが早くなると言われています。内からも外からも攻める治療という感じでしょうか。

フィナステリドを頭から注入しますのでAGA治療薬と併用する事で効果が高くなります。

③5αリダクターゼを阻害すると言われているサプリメントを服用する。

3つ目はノコギリヤシや亜鉛等のサプリメントを服用する事です。私が通院している銀クリではノコギリヤシの入っているサプリは服用しないで下さいと言われました。フィナステリドと効果が重複するところがあるのが理由です。

デュタステリドやフィナステリドほどではありませんが、DHTを抑制する効果はあるようです。副作用が無い事が最大のメリットですね。

5αリダクターゼをサプリメントで抑えたいという方は必見です。

ノコギリヤシや亜鉛はなぜ薬じゃないのに5αリダクターゼの抑制が出来るのでしょうか?ノコギリヤシや亜鉛等のサプリメントで抑制する事ができれば副作用のリスクを負わなくてよいというメリットがありますのでしっかり理解しておきましょう。

まず押さえておかなければならない知識として

①フィナステリドやデュタステリドほどの効果はない。

②フィナステリドで副作用が出た方にはオススメ。

この2点を押さえたうえでノコギリヤシや亜鉛の説明に入っていきます。

ノコギリヤシ

亜鉛

5αリダクターゼまとめ

5αリダクターゼ自体がハゲの原因ではありません。5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合してできるDHTが問題。このDHTが受容体とくっつくことでAGAが進行する。

5αリダクターゼとテストステロンが結合するのを防いでDHTの生成を抑えてしまおうというのがAGA治療薬のフィナステリドやデュタステリドです。

最もAGAに効果があるのは・・・デュタステリド

副作用が強いのも・・・デュタステリド

次にAGAに効果が高いのは・・・フィナステリド

フィナステリドも副作用がありますが発生する確率がデュタステリドに比べて低い。

AGA治療薬の服用はまずはフィナステリドからにするのがオススメです。

副作用が怖いという方は・・・ノコギリヤシの配合されているサプリメント

5αリダクターゼを抑制してDHTの生成を抑制する事がAGA予防となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする