薄毛治療 AGA発症のメカニズムについて知ろう

薄毛治療を開始する前にAGAはなぜ発症するのか、原因を知ることは重要な事です。何かを改善したいと考えたときに原因を突き止めるという事は当然のことだからです。メカニズムを知ることで納得した上で薄毛治療を受けることもできます。

薄毛治療 AGA発症メカニズムとは

画像⑨

①体質や遺伝によって5αリダクターゼという酵素が発生します。これは体質や遺伝により分泌量が違ってきます。

②5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合する事により、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換します。

※DHT(ジヒドロテストステロン)はより強力な男性ホルモンです。

③DHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛よ抜けろ!と強烈な脱毛指令を出します。

④毛母細胞が委縮して髪の毛へ栄養がいきづらくなり成長は止まり早く抜けてしまいます。

⑤ヘアサイクルが乱れて薄毛となっていきます。成長期が短くなるので髪の毛が太く成長しなくなるので細い毛が増えていきます。

こういったメカニズムで薄毛となっていきます。どうにかしてこの流れを断ち切らないと薄毛は治りません。状態は悪くなる一方で自然とヘアサイクルが戻るという事はありえません。

原因としては遺伝によるものが多いと言われています。遺伝といってもいろんなものが影響を受けているんです。

①5αリダクターゼの分泌量が多い人はDHT(ジヒドロテストステロン)が発生しやすい環境になります。

②5αリダクターゼとテストステロンが結合しやすい人は薄毛になりやすいと言えます。

③アンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほどDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすく薄毛になりやすいと言えます。

画像⑦

薄毛治療はフィナステリドでこの流れを断ち切る

フィナステリドは5αリダクターゼとテストステロンの結合を防ぐ効果があります。ということはDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制するので抜け毛が減るという流れを作ることができます。

正確に言うと抜け毛が減るというのは結果論です。ヘアサイクルを正常に戻し、成長期が正常化(期間が長くなる)することにより結果的に抜け毛が減る(太い毛が増える)という仕組みです。脱毛を防ぐというのがフィナステリドの役割になります。

フィナステリドだけでは効果が薄いのも事実です。(個人差はありますが・・・)

ここで併用していくのがミノキシジルです。

ミノキシジルで攻めの薄毛治療をする!

ミノキシジルとは言っても効果が出やすいのはミノキシジルタブレットです。外用薬では無くて内服薬の方が効果は強力になります。外用薬も効果が無いわけではありませんが、発毛力は断然タブレットタイプの方が強力です。

なぜ外用薬を選択する人がいるの?と考えるかもしれませんが軽度ですが副作用があるのもタブレットタイプの特徴です。

ミノキシジルタブレットは日本ではまだ認可されていません。

動悸、むくみ、多毛症などが主な副作用です。これらをどう考えるかで治療方法を考えていかなくてはなりません。なんとしてでも発毛したいという方はタブレットタイプを服用する事をオススメします。

副作用が怖いという方は外用薬で試していくのも手ですよね。髪の毛に対する価値観も人それぞれ、年齢によっても変わってきますので総合的に考えていく必要がありそうです。

とにかく薄毛治療は早期治療がポイントです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする