薄毛治療するうえで大切な3大栄養素とは・・・

食生活も薄毛を引き起こす要因となります。薄毛治療をするうえでバランスの良い食事を心がけることは基本です。

髪の毛が成長するには主に3つの栄養素があります。

薄毛治療

①タンパク質

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質になります。タンパク質には動物性と植物性があり、コレステロールが気になっている人は植物性のタンパク質をとることをオススメします。特に大豆タンパク質はアミノ酸代謝がよくコレステロールを下げると言われています。

薄毛治療

②ビタミン

ビタミンB群は頭皮に何らかの炎症が出ている人が摂取するといいと言われています。ビタミンB2、B6ですね。ビタミンAは頭皮の環境を正常に保ちます。ビタミンCはコラーゲンを生成して頭皮を上部にします。ビタミンEは毛細血管を広げる効果があり、毛乳頭まで栄養が届きやすくします。

③亜鉛

髪の毛の主成分ケラチンの合成を促す役割があります。最も不足しがちになる栄養素です。この3つの栄養素はどういった食品から取れるのか考えていきたいと思います。

薄毛に良い食品をご紹介します。

薄毛治療

①納豆

これは一番有名なところでしょうか。タンパク質が多く含まれていて、5αリダクターゼを抑制する大豆イソフラボンを含んでいます。髪の毛を作るのに必要な栄養素の亜鉛も含んでいる為、薄毛対策には効果的です。納豆がどうしても苦手という人は豆腐を食べるといいでしょう。ちなみに納豆も豆腐も植物性のタンパク質です。

②牡蠣

薄毛治療

亜鉛を多く含んでいる食品になります。亜鉛は男性に特に必要な栄養素で欠乏しやすいものです。日本男性の約9割が不足していると言われています。

1.生命の維持(亜鉛不足になると身体が不調になります。)

2.男性ホルモンをつくり、精子をつくります。

3.髪の毛の組織をつくります。

髪の毛の組織を作るのは優先順位で言えば最後にきます。髪の毛で使う前に無くなり、不足してしまうケースが多くなっています。

③レバー

薄毛治療

ビタミンAとビタミンB群を摂取できるのがレバーです。頭皮環境を良くする栄養素が多く取れます。ビタミンB2は脂性の方は炎症を起こしている人にオススメです。細胞分裂を正常化して頭皮を健康に保つビタミンAも多く含んでいます。

④柑橘類(かんきつるい)

薄毛治療

レモンやグレープフルーツなどの柑橘類はビタミンC多く含んでいます。ビタミンCはコラーゲンの生成を助けて血管や頭皮を丈夫にして髪の毛が抜けにくい環境を作ります。ストレスから守ってくれる抗ストレスホルモンの分泌も促します。

⑤ナッツ類

薄毛治療

特にアーモンドにはビタミンEが多く含まれていています。ビタミンEは毛細血管を広げる作用があり、毛乳頭まで栄養が届きやすくなります。簡単に言えば血行がよくなる作用があります。

薄毛治療にはこれらの3大要素を含んでいる食品をバランスよく摂取する事が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする