シャンプーでは薄毛治療はできない!!ハゲは治りません!!

シャンプーで髪の毛が生えるのか!?薄毛治療できるのか?

一時期シャンプーで髪の毛が生えた!?と思わせるCMが頻繁に流れていました。あのイメージが強く頭皮の脂をごっそりとることが薄毛治療につながるのではないかと思われてきました。

薄毛治療

本当にシャンプーで髪の毛が生えるのか!?薄毛治療できる?

シャンプーで薄毛治療はできるのか?

答えはNOです。これは私自身がいろいろなAGA専門クリニックに無料カウンセリングを受けたときに医師に確認したところすべての医師がNOと言われました。

医学的にはシャンプーで発毛するとは考えにくいということ。頭皮の環境を整えるという意味では選んだ方が良いと言ったところでしょうか。

しかしシャンプーは毎日するもので髪の毛を痛めて脱毛の原因となる場合もありますので、正しいシャンプーの知識は持っておいた方がよさそうですね。

薄毛治療

正しいシャンプーの仕方

最近ではAGA専門病院ができたので皮脂が原因ではげるといった印象が大分薄れてきたように思います。何となく皮脂を取り除くとすっきりするため、強めに揉みだすように洗髪している人もいるのではないでしょうか。

そこで正しいシャンプーの仕方について触れていきたいと思います。

①シャンプー前にブラッシングをする

シャンプー前に荒めのクシやブラシでブラッシングをします。ブラッシングをすることで髪の毛の汚れやもつれが取り除かれ泡立ちやすくなります。汚れが落としやすい環境をつくります。

②シャンプー前にぬるま湯で洗う

38度前後のぬるま湯で洗います。指の腹を使って頭皮を洗のがポイント。お湯が熱すぎると皮脂を過剰に洗い流してしまいます。地肌をかるく洗い流せばOKです。

③シャンプーを手で泡立ててから洗う

適量を手に取り、泡立ててから頭を洗います。直接頭皮へシャンプーすると刺激が強く頭皮を痛めてしまいます。

④髪の毛全体を漏れなく洗う

生え際から頭頂部に向かって洗います。頭全体の頭皮にいきわたるようにして指の腹を使います。耳の後ろ側が漏れやすい個所です。

⑤頭皮のマッサージをする

頭皮マッサージをしながら洗うと、血行促進になります。頭頂部に向かっていくようにマッサージをします。入念にやる必要はありません。やりすぎは逆に頭皮を痛める事にもなりますので注意が必要です。

⑥丁寧にしっかり洗い流す

すすぎは非常に重要になります。流し残しの無いように洗い流すようにしましょう。時間にして3分~5分洗い流すようにするのがベストです。1分程度すすいで終了という人も多いかと思いますがすすぎは非常に重要です。しっかり時間を使って洗い流す事をしましょう。

⑦タオルで押さえるようにふき取り、ドライヤーで乾かす

髪の毛を拭くときはゴシゴシ拭くのではなく、タオルで押さえるようにして拭くようにしましょう。

乾かしすぎは禁物ですが、キューティクル維持の為にドライヤーで乾かします。8割程度乾かすイメージでいいでしょう。

あとは自然乾燥してさせると適度なうるおいを保つことができます。

シャンプーでよく聞く疑問点

①2度洗いはした方がいい?

よくシャンプーを2回して汚れを良く落としてなんて聞いたことありますよね。洗浄力の強いシャンプーでは洗いすぎて必要な皮脂まで取り除いてしまい逆に頭皮を痛めてしまうというケースがあります。

メーカー推奨の洗い方があると思いますがそれがベストとは言えません。

本人の皮脂量にもよりますし洗いすぎると余計皮脂が分泌されたり、乾燥肌の人は頭皮を痛めます。

1回目のシャンプーでよく泡立てば1回で十分です。

2回目をするのなら整髪料がついていて1回目では泡立た無いなんて場合にしましょう。

2回洗うならアミノ酸系のシャンプーを使用する事をオススメします。頭皮に負担がかかりにくい成分になります。

②朝シャンは薄毛を招く!?

朝から皮脂を取り除いてしまうのは非常に危険です。皮脂は紫外線から守る役割を持ちますのでこれから外に出るという時に無防備な状態となってしまいます。

余計に皮脂が分泌してしまい、炎症が起きてしまうケースもあります。マイナス面が大きいので朝シャンはしない方がベストです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする