薄毛治療 | AGAジェネリック医薬品とは何!?

薄毛治療|AGAジェネリック医薬品とは?

AGAジェネリック医薬品(後発医薬品)とはもうすでに薄毛治療において改善を認められている先発医薬品と同じ成分を使って作られたAGA医薬品のことです。開発費用が全くかからない為、低価格で販売されているのが特徴です。

薄毛治療

AGA医薬品も例外ではなく、このジェネリック医薬品が存在します。AGA医薬品は保険適用外となっていますので価格差が大きく出るため利用者が多くなっているというのが現状です。

ではジェネリック医薬品は先発医薬品発売後どのくらい期間が経過すると作ることが認められているのでしょうか?

答えは20年です。

プロペシアの発動は1997年で2017年にならないとジェネリック医薬品は発売できない事になります。

ではどうして・・・・

現在、多くのフィナステリドのジェネリック医薬品が存在します。これらは全てインドで作られています。インドには成分特許という制度自体が無いため、薬品に対する特許という考え方が無いのです。

プロペシアの特許権を持つメルク社は当然納得のいくものではありませんので騒動となりました。

しかしインドの法律であること、インドのジェネリック医薬品が既に世界中で普及しているということから特許侵害強制執行をできていません。

日本ではAGAジェネリック医薬品は個人輸入でのみ手に入ります。背景にはインドの特殊事情があるということです。

最強の薄毛治療薬 ミノキシジルはどうなの?

ミノキシジルは血圧の薬として昔から使用されている医薬品になりますので特許期間は既に終了しています。

『ミノキシジルタブレット』や『カークランド』がミノキシジルのジェネリック医薬品にあたります。

病院で処方されるのと個人輸入でジェネリック医薬品を入手するのはどっちがお得!?

気になるのはその価格差と安全性ですよね。

まず価格の面からお話ししていきます。

薄毛治療

プロペシアは日本のクリニックで処方しもらうことが出来ますが、最安値で4,000円前後となっています。

ジェネリック医薬品はどうか・・・

いろいろな種類がありますが最安値で2,500円前後のものが出回っています。

飲み続ける事を考えると大きな価格差と言えると思いますが、この程度であればプロペシアを服用した方が間違いないと考えられます。

昨今、偽物も出回っているのが現実としてありますので信頼を買うには安いものだと思います。

安全面で考えれば、AGA専門のクリニックに行くことをオススメします。

医薬品を服用する上で最も心配なのが副作用です。これは誰しも気になることではないでしょうか?心配しながら医薬品を服用し続けるのは精神的にも良いものではありません。

そして万が一副作用が起きたときに相談が出来るという環境も重要だと思います。特に初めて薄毛治療をするという方はAGA専門病院が絶対オススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする