薄毛治療は早期治療がポイントです!

薄毛治療は早期治療をすれば発毛する可能性が高くなります。20代で薄くなりはじめて、20代のうちに治療を始めれば発毛する可能性はかなり高くなります。

薄毛はどんどん進んでいきます。毛根が死んでしまう前にAGA専門クリニックでの薄毛治療をオススメします。

薄毛治療をする前にヘアサイクルを知ろう!

髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。

成長期、退行期、休止期

という3段階からなりたっているんです。

成長期

成長期は2年~6年かけて長く太く髪の毛を成長させていく期間です。一般的に成長期の髪の毛が全体の8~9割を占めています。非常に大切な期間です。うぶ毛→軟毛→硬毛という流れで成長していきます。

退行期

退行期は2週間ほどとかなり短い期間になります。成長期から休止期へ移行する期間ですので短くなっています。毛母細胞での髪の毛の生成がされなくなり、やがて抜けていきます。

休止期

休止期は完全に髪の毛の成長が止まる期間です。毛母細胞から髪の毛が分離している状態です。自然に抜け落ちるのを待っているような状態です。一般的に3~4ヵ月になります。

なぜ薄毛になるのか?

成長期が極端に短くなると薄毛が進行していきます。成長期が短くなると成長しきらずに細い毛の状態で抜け落ちてしまうというヘアサイクルとなってしまい、太い成長した毛が徐々に少なくなっていきます。

通常2~6年ある成長期が数ヵ月~1年と短くなってしまうんです。

ということは髪の毛は太く、長く成長する前に抜けてしまうことになってしまい結果的に細い髪の件が増えてしまうという仕組みです。

細い毛が増えていけば見た目は髪の毛が減ったように見えてしまいます。これが薄毛になるメカニズムなんですね。

このヘアサイクルの乱れを正常に戻すという薄毛治療を早期に行えばかなりの確率で発毛するんです。

ヘアサイクルは一生の間で40~50回と言われています。正常なヘアサイクルが2年~6年と言われていますので80年以上は髪の毛が生えているという計算になります。

これがヘアサイクルが0.5年(6ヵ月)とすると、0.5年×40回=20年で毛根が死んでしまい髪の毛が完全に生えなくなるというわけです。20歳からAGAになると40歳で毛根が死んでしまう髪の毛が多くなり薄毛となります。

つまり毛根が死んでしまう前に治療を始めるということがポイントになるということです。

早くしないと・・・・

こんな風になってしまうかも・・・

薄毛治療

薄くなり始めにいち早く気づき、気づいた時点で治療を始める事が理想と言えます。

AGAは進行します!!

AGAは発症してしまうとどんどん進行していきます。進行スピードには個人差がありますが抜け毛がストップしたり勝手に発毛するなんてことは無いんです!!

毛母細胞が生きているかどうかで髪の毛が復活するかどうかが決まります。

薄毛が進行しているような箇所でも毛母細胞さえあれば産毛が生えているはずですので先に説明したヘアサイクルの成長期の部分を正常にして長く太い髪の毛を増やしていくことによって見た目の髪の毛の量が増えていくという仕組みです。

薄毛が進行している人も決してあきらめないでください。

但し、早期治療をした方がフサフサになりやすいのは確かです。

薄毛治療

現在、薄毛でない人も遺伝子検査を受けてみるとか定期的に頭頂部を確認するなどの意識が必要ですね。いまあなたがAGAであるのならば行動することをオススメします。

今は無料カウンセリングを実施しているクリニックが多く存在しますのでまずはお医者さんに相談をするのが薄毛治療の第一歩ですね。

私が実際に通っているAGA専門クリニックはコチラ

リーズナブルで人気のあるクリニックです。症例数も多く、結果も出ているクリニックになります。

薄毛治療はまず無料カウンセリングへ行く事をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする