薄毛治療 初期脱毛は本当に起こるか!?

薄毛治療の初期段階で起きると言われている副作用の一つに初期脱毛があります。

初期脱毛

なぜ初期脱毛は起こるの?

初期脱毛はAGA治療薬を服用した時にヘアサイクルを正常に戻そうという作用が働き、成長期が短くなっている不健康な髪の毛が抜けていく現象です。不健康な髪の毛が多いほど抜け毛が多くなります。

ヘアサイクルを正常に戻そうとしていますので初期脱毛が起きた人の方が発毛するとも言われています。不健康な髪の毛を下から発毛してきた髪の毛が押し出す形となり抜けますので悲観的にならなくて良いものです。

むしろ抜ける本数が多いので新しい健康な髪の毛が数ヵ月後にどっさり生えてくるなんてこともあります。そこで気になるのがどのくらいの期間、初期脱毛に耐えなければならないのでしょうか?

個人差はありますが1ヵ月~2ヵ月位と言われています。3ヵ月以上続くということは無いようです。薬を服用し始めてから2週間ほどで初期脱毛は始まります。(個人差はあります)

けど2ヵ月も続いたらかなり抜けてしまってみっともない状態になってしまうのでは!?と考える方もいると思います。

殆どのケースではみっともなくなるほどの抜け方はしません。不健康な成長しきっていない細い髪の毛が抜けるわけですから抜けても見た目の影響度合いが小さいとも言えます。少し薄くなったなぁという人はいるようですが特に気にする必要はありません。だってこの後に髪の毛が生えるのですから・・・と言っても不安ですけどね。

初期脱毛が怖くなってしまいAGA治療薬の服用をやめてしまうということが最ももったいない事です。

服用は止めずに続けることが重要なのです。強く太い髪の毛を生やすには通らなければならない道であることを知識として持っておく必要がありますね。(薬がよく効いている証拠なんです)

初期脱毛

どのAGA治療薬で初期脱毛は起こるの?

フィナステリドでもミノキシジルでも初期脱毛は起きます。

天然由来成分で出来ているAGAのサプリメントでも起こる場合があるそうです。(AGA治療薬よりはマイルド)

初期脱毛のメカニズム

ヘアサイクル3ステップから成り立っています。

成長期・・・その名の通り髪の毛が成長をしている期間です。毛母細胞が分裂して髪の毛が伸びていきます。

期間は3~6年程度です。

退行期・・・成長が止まってくる期間です。毛母細胞の分裂が急激に少なくなります。(2~3週間程度)

休止期・・・成長が完全に止まる期間です。休止期が終わると成長期となり古い毛が新しい毛に押し出されて抜け落ちていきます。(休止期は3ヶ月程度)

成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期・・・・・と繰り返しています。

初期脱毛で抜けている毛は休止期にあたる毛になります。

AGA治療薬を飲むと毛母細胞への栄養が供給されるようになり元気になります。

薬の効果で新しい毛が少し早めに発毛してくるという現象が起きます。この新しい元気な毛に休止期の毛が押し出される事で脱毛が起きます。

こういった原因の抜け毛がAGA治療薬を服用し始めると一気に起きているのが初期脱毛です。

ですので初期脱毛は新しい元気な髪の毛が生えてくる準備段階ととらえましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする