髪の毛は何のためにあるの?何で出来ているの?

髪の毛ってそもそも何のためにあるの?

髪の毛

髪の毛は頭部を守る為にあるというのは何となくわかりますが具体的に何から守っているのでしょうか?

髪の毛にはどんな役目があるのか

髪の毛

1.紫外線から頭部を守っています。

紫外線を浴び続けると最悪のケースでは皮膚がんになります。紫外線の他にも頭部の危険を和らげるためにクッションの役割もあります。髪の毛間には空気が入り少しでも衝撃を和らげれられる効果があります。

暑さや寒さからも守ります。皮脂を出して乾燥からも守ってくれています。いろいろな有害な事から守ってくれているということですね。

2.毒素を排出してくれています。

人体に有害な有機水銀、カドミウム、砒素などを排出してくれます。有害な物質を排出してくれていると考えるとものすごく大事な役割ですね。

髪の毛

3.見た目を良くする。

髪の毛は無いより、あった方が魅力がありますよね。当たり前の話しです。渡辺健さんのように剥げていてもカッコいいなんて人はそうそういません。私は見たことがありません。

その人の個性を出すのにも髪の毛は重要です。考え方や性格もでるのが髪型です。

髪の毛が無いと正直悩みますし、やる気が起きないなんてこともあります。髪の毛があれば悩みの一つが無くなり精神的にも良いものです。

髪の毛ってどのくらいの期間でどのくらい伸びるの?

髪の毛は1日に0.3mm~0.4mm伸びるとされています。個人差はありますが、1ヵ月で約1センチ程度伸びます。髪の毛にはヘアサイクルがあり、1本の髪の毛が伸び続けるのは長くても6年程度です。

伸ばし続けても6年程度で抜けますので極端に伸ばす事は出来ないんですね。

髪の毛

髪の毛は何で出来ているの?なぜ伸びるの?

髪の毛の主成分はケラチンタンパク質と呼ばれる物質です。99%この成分です。ケラチンは数種類のアミノ酸が結合したものでシスチン、グルタミン酸、アルギニンなどで出来ています。それ以外の所ではメラニン色素、鉄、銅も含まれています。

抜け毛を見ると髪の毛の根元は膨らんでいますよね。ここには毛乳頭と毛母細胞があります。

毛乳頭から栄養を取り入れ毛母細胞へ『髪の毛を作れ!! 』と指令を出す事で細胞分裂を起こして髪の毛となって成長します。毛乳頭は髪の毛を作る上での司令塔の役割を担っています。

栄養を受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返し髪の毛を伸ばしていきます。頭皮から出ている髪の毛はもう死んでいる細胞なのでハサミで切っても痛くありません。発毛させるには毛根部分に何らかの形で栄養を上げる必要があるというのが理解できますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする