薄毛の原因は遺伝なのか!?

私は父親が薄毛だったので 『お前も将来はげるよな』 なんてよく友人や姉に言われました。

薄毛

私自身もそう思っていましたし、実際にはげてしまいました。やはりな・・・

やっぱり遺伝が原因なんでしょうか?というところを調べてみました。

薄毛の原因は遺伝が100%なのか?

薄毛の原因の1位は遺伝だと個人的に考えています。AGA専門クリニックの無料カウンセリングを何件か受けましたが家系的に薄毛になりやすいか聞かれました。

実際に医師からも遺伝によるところが正直大きいですよねとも言われましたし、母方の遺伝子を引き継ぐとも言われておりますので信憑性はあると思います。

よく男性ホルモンが多いとハゲるとか毛深い人は薄毛になりやすいとか、逆にはげている人は性欲が強いとか言われます。

これは大きな間違いです。

実際に男性ホルモンの塊みたいな人で胸毛ボーボー、すね毛ボーボーなんて人でもはげていない人はたくさんいますよね。こういった人が全員ツルツルのはげであれば納得できますが実際には違います。

生活習慣が悪いという観点で考えてみても、夜勤などの仕事をしていて生活習慣が乱れている人やホームレスの人で頭皮を不潔にしている人でも薄毛になっていない人はたくさんいます。

これが現実でハゲる人はハゲるし、ハゲない人はハゲないということです。

但し、ハゲやすい体質の人が生活習慣を乱したり、不潔にすればよりハゲを進行させてしまいます。

もう一回いいますが

ハゲる人はハゲるし、ハゲない人はハゲないということです。

薄毛

薄毛と遺伝の関係性

薄毛の遺伝と考えるとまず思いつくのは父親の頭ではないでしょうか?父親がはげていれば自分も同じようにはげるのだと・・・しかも同じはげ方をすると想像しますよね。

逆に父親が髪の毛フサフサであれば自分も将来大丈夫と考えるでしょう。

しかし真実は父親よりも母親なんです!!母親の方が影響を受けやすいんです!!

それはアンドロゲンレセプターの感度が遺伝するのは母親の遺伝子だからです。

アンドロゲンレセプターはX染色体にあります。(あともう一つはY染色体)男性はXY型、女性はXX型で女の子が生まれる場合は男性のX染色体、女性のX染色体を受け継ぎます。X染色体にアンドロゲンレセプター(受容体)がありますので父親、母親どちらのものを受け継ぐかは50%の確率になります。

しかし男性は違うのです。

男の子が生まれる場合、男性のY染色体、女性のX染色体を受け継ぎます。X染色体は母親からしか受け継げないのです。アンドロゲンレセプター(受容体)はX染色体にありますので100%母親から受け継ぐということになります。

じゃぁ母親が薄毛でなければ大丈夫じゃん♪ なんて思いがちですがこれも違います。女性には女性ホルモンという強力な味方がいるからです。女性ホルモンは薄毛になりにくいホルモンです。だから薄毛遺伝子を持っていても女性ははげない場合が多いのです。

遺伝するのは母方の祖父(母親のお父さん)。母方の祖父が薄毛だと薄毛になりやすいとなってしまうんです。母親の方が影響を受けるというのが真実です。

あともう一つ遺伝するのがDHT(ジヒドロテストステロン)の生成力です。DHT(ジヒドロテストステロン)を多く作る遺伝子を両親のどちらかがもっていれば受け継ぐ可能性はあります。

アンドロゲンレセプター(受容体)の感度とDHT(ジヒドロテストステロン)の生成力を両方受け継いでしまった方は最強に薄毛になりやすい体質と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする