つむじの薄毛を治したい!頭頂部の薄毛治療ならここがおすすめ!!

つむじ付近が薄毛になってきた!やばい!と悩んでいる方は結構いると思います。つむじの薄毛は放っておくとどんどんハゲている部分が広がっていくのが特徴です。

おじさんでつむじ付近が丸く禿げている人って見ますよね。

何も対策せずにそのままにしていたら同じように丸く禿げていく事になるでしょう。

こんな感じに・・・

つむじ薄毛

AGAって進行するのでなるべく早く治療をすれば発毛効果が大きくなります。まずは原因と対策方法を知り行動に移しましょう!!

1.つむじの薄毛 原因は何?

つむじの薄毛のほとんどの原因はAGA(男性型脱毛症)です。AGAの特徴として頭頂部が薄毛になるという事と、生え際が後退していくという2点があります。

この2点が最大の特徴で医学的にも原因がはっきり分かっているので対策が打ちやすいハゲと言えます。

ただ、放っておいた期間が長ければ長いほど効果は薄くなっていきますので早期治療が重要になります。

AGAで髪の毛が薄くなっていく原因は男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素による変換作用でDHT(ジヒドロテストステロン)というより強力な男性ホルモンになります。

このDHTが毛乳頭にある受容体と結合することで髪の毛が抜けたり、細くなったりするわけです。

このDHTが作られないようにできれば薄毛にならないということになります。

もう一つの原因はつむじ付近の頭皮が血行不良ということです。頭頂部は最も血行不良となりやすい場所で頭皮が赤い人は血行不良の可能性が高くなります。

薄毛の人は頭皮が赤い。僕も頭皮が赤い一人です。

つむじ付近の画像

つむじ薄毛

後頭部の画像

つむじ薄毛

比較すると赤いのがよくわかりますよね。血行が良いと青白い頭皮になります。

血液が髪の毛に必要な栄養を運んでくれますので血行不良は発毛にとっては致命的。これを改善させることはイコール発毛につながるという事になります。

医学的に原因解明されていて効果が出る薬や治療が分かっていますので気づいたら早めに治療を開始しましょう。

2.つむじの薄毛は治りやすいのか!?

つむじの薄毛は生え際の薄毛よりも発毛しやすいと言われています。完全に毛根が死んでいなければ可能性があります。

つむじ付近の薄毛の特徴はよ~く見ると産毛が生えているいるということです。

産毛が生えていれば発毛の可能性は高くなります。毛根が死んでいないという証しですからね。

僕自身もつむじハゲで悩んでいましたが、AGA治療をすることでかなり改善されました。

僕のAGA治療体験記はコチラ

僕の場合つむじ付近が薄毛になったのは10代の頃で、20年以上経過してからAGA治療を開始しました。それでも効果が出ています。

20代の方はもちろん、30代、40代以上の方もあきらめる必要はありません。

全く効果が出ないという事はほとんどありませんのでAGA専門クリニックでカウンセリングを受けることが発毛させる第一歩になります。

3.つむじの薄毛治療で効果が高い方法は?

つむじ薄毛

フィナステリドを服用してミノキシジルで発毛させるといったオーソドックスな治療が最も効果が高いんですが、僕自身がAGA治療をしていて思ったことはミノキシジルの濃度で発毛結果に差が出るという事。

僕が治療しているAGAヘアクリニックではミノキシジル内服薬と外用薬があり、特に効果が大きいのは内服薬の方です。

ミノキシジル内服薬には濃度があってAGAヘアクリニックではミノキシジル2mg~8mgまで扱っています。最初は副作用が出にくい2mgで様子を見て4mgに引き上げてみたいな形で徐々に濃度アップさせていきます。

ミノキシジル4mgで十分に結果が出る人もいますが、僕の場合は6mgを服用したら明らかに頭頂部の髪の毛が増えました。

頭頂部は特に血液が行き届きにくい場所なので、血液循環を良くすることが発毛への近道。

頭頂部の薄毛で悩んでいる方はミノキシジルの濃度アップができるクリニックに行くことをオススメします。

5mgしか扱っていないというクリニックも意外とありますので無料カウンセリングで確認しておくとよいでしょう。

4.つむじの薄毛治療はどういうクリニックがおすすめ?

つむじ薄毛

ミノキシジルの濃度アップが可能なAGA専門のクリニックがオススメです。

ミノキシジルタブレットで多いのは4mg~5mgを処方しているクリニックです。それ以上もそれ以下の濃度もなかったりします。

つむじ付近の薄毛は

①DHTの影響によるもの。

②血行不良により髪の毛がきちんと成長する前に抜けてしまう。

DHTの影響はフィナステリド又はデュタステリドを服用すれば解決します。

ミノキシジルタブレットは効果の出方が濃度によって変わってきます。4mgで十分な結果が出る方もいればそれ以上の濃度でないとしっかり発毛しないという方もいます。

発毛状況に満足できない場合にミノタブの濃度アップを選択肢としてもてるクリニックの方が更なる発毛が望めますのでオススメです。

更に言えることは、副作用の出にくい2mgや2.5mgという選択肢もあるということです。5mgしか扱っていないクリニックだと副作用がでたら次の手が打てないですよね。

ポイントは無料カウンセリングの時にミノキシジル濃度アップができるか否かを確認することです。又、濃度アップした時に費用がどのくらいアップするかも確認しておきましょう。

ミノタブの濃度アップができるクリニックってどこ!?

AGAヘアクリニック

銀座総合美容クリニック

ゴリラクリニック

上記クリニックではミノタブの濃度アップが可能です。

主に2mg~8mgで調整ができるのが特徴。(参考までに全国展開しているAGAスキンクリニックではミノタブ5mgしか扱っていませんので濃度変更ができません。)

副作用の出やすい人は低い濃度で、効果の出にくい人やもっと効果を出したい人は高い濃度で薄毛治療が可能です。

濃度アップしても料金がアップしないのはAGAヘアクリニックのみです。

料金設定も無料カウンセリング時に確認するべきでしょう。

つむじの薄毛治療にはミノキシジルがポイントです。濃度変更の可否は必ず確かめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする