銀クリの治療薬 フィナステリド ミノキシジルについて

私が実際に銀クリで処方されたフィナステリド ミノキシジルです。

フィナステリド ミノキシジル

左がフィナステリド、右がミノキシジルです。

どんな成分が入っていてどんな効果が期待できるのでしょうか。

銀クリで処方されたフィナステリド ミノキシジルの内容

フィナステリド錠(30錠)、ミノキシジル錠(30錠)を処方してもらいました。

フィナステリド錠・・・院内調剤されたものです。

内容

  • フィナステリド1.0mg
  • ビタミンC
  • ビタミンB
  • ビオチン
  • 乳糖
  • 亜鉛
  • L‐リジン

効果

  • 悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の働きを抑えて、AGAの進行を抑制します。

服用について

  • 1日1回1錠ずつ、食前・食後問わず24時間周期で服用をする。

副作用

  • まれに性欲減退、食欲不振、ニキビなどの副作用が出る場合があります。
  • フィナステリド服用中は献血はできません。1ヵ月薬の服用を中止して行わなければなりません。

副作用の説明欄には肝機能障害の記載はありませんでしたが医師の診察の時に口頭での説明はありました。

ミノキシジル錠・・・院内調剤されたものです。

内容

  • ミノキシジル4.0mg
  • ビタミンC
  • ビタミンB
  • ビオチン
  • 乳糖
  • 亜鉛
  • L-リジン

効果

  • 髪を育てる成長因子の分泌を促進して、太く長く成長させます。

服用について

  • 1日1回1錠ずつ、食前・食後問わず24時間周期で服用をする。

副作用

  • まれに低血圧症状(動悸・頭痛・倦怠感)が出る場合があります。
  • 服用開始後2~3週間で見られる抜け毛は問題のある副作用ではありませんので原則そのまま服用を続けてください。

低血圧症状が出た場合はクリニックまで連絡くださいという説明も記載されていました。これは診察の時も言われました。(血圧は必ず測定します。)

初期脱毛に関しては、全く気にせずに飲み続けるように説明がありました。初期脱毛がある人は新しい髪の毛が生えてくる証拠(薬が効いている証拠)とのことです。

気にする必要はないとのことでした。初期脱毛を気にして薬の服用をやめてしまうというのはとにかくもったいないと言われました。初期脱毛が起きた人はかなりの確率で発毛するそうです。

※アルコールを摂取する場合は前後2~3時間空けて服用するか翌朝に服用してくださいとの記載があります。

フィナステリド ミノキシジルを服用する期間は?

初回に処方されるのがフィナステリド1.0mg ミノキシジル2.0mg、2回目以降はフィナステリド1.0mg ミノキシジル4.0mg

フィナステリド ミノキシジルフィナステリド ミノキシジル

AGA治療薬は服用し続けなければ維持できません。

銀クリでの説明ではAGA治療薬(フィナステリド ミノキシジル)で発毛させた髪の毛は薬をやめると抜けていくということでした。

ではどうしていくのか・・・

まずはフィナステリド錠とミノキシジル錠を半年~1年は飲み続けます。まだ満足できていなければ2年~3年服用します。そして発毛の限界を感じたところで薬を減らしていきます。

このような形で維持していってくださいとカウンセリングでは説明がありました。

更に言うと、年齢で髪の毛への価値観が変化してきて、この年齢まで髪の毛があれば良いというラインまできたら薬をやめていけばよいという説明がありました。

確かに副作用がある薬ですので(特にミノキシジルは飲み続ける薬ではない)ずっと飲み続けるのは少し抵抗があるという方もいると思います。

しかし・・・維持するには薬は飲み続けなければならない。

その時の対応方法としてカウンセリング時に説明がありました。

私の場合は55歳くらいまでは髪の毛があったほうがいいかな・・・という感じですのでそれまでは維持したいと考えています。

維持する場合はフィナステリド ミノキシジルの服用を減らしていくことになります。2日に1回とか場合によっては3日に1回の服用にして維持していきます。費用的にもかなり安価になりますので負担感は少ないと思います。

どこまでAGA治療薬(フィナステリド ミノキシジル)を続けるかは本人次第ということですね。

銀クリで無料カウンセリングを受けてみる

銀クリAGA治療でミノキシジルは増量するの?

銀クリではミノキシジルタブレット(ミノタブ)を段階的に増量していくという服用の仕方をしていきます。

増量する段階は4段階に分かれます。

第1段階 ミノタブ2mg(AGA治療開始時1ヵ月間服用します。副作用の確認用です)

第2段階 ミノタブ4mg…最初の9ヵ月~1年服用します。

第3段階 ミノタブ6mg…ミノタブ4mgを服用してまだ余力のある人がまだ発毛させたいという場合に服用します。本人が満足しているかどうかというのがポイントです。

第4段階 ミノタブ8mg…ミノタブ6mgを服用してもまだ満足していないという人がミノタブ8mgを服用します。銀クリでは8mgがミノタブ最強濃度のAGA治療薬です。

その人の状態を見ながら決めていきます。程度が軽く半年~1年でフサフサになった人はその時点で薬を減らしていきます。1年で髪の毛の量に満足という方はミノタブ4mgを服用後減量していくという形になります。

更にそれ以上に痛いという方は6mg、8mgと増やしていき限界まで発毛したところで減量していきます。

本人がどの段階で満足するかが治療薬減量の時期です。とにかく限界まで発毛させる事にチャレンジしたいという方は8mgまで段階的に増やしていくことになります。

但し副作用の反応を見ながらになりますね。副作用が出ているならミノタブ8mgは無理です。健康であることが第一になりますのでここには注意が必要です。

銀クリで無料カウンセリングを受けてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする