ミノタブ効果を写真で徹底検証Part2!2mg→4mg→6mg→8mg濃度アップした時の効果は!?

ミノタブの効果を写真付で徹底検証していきます。

そして発毛後の維持を今後どうしていくかも考察していきます。

ミノタブ濃度をアップすると大きな発毛効果があると考えていませんか?

この答えは正解でもありますが不正解でもあります。

この考えを持って自分の判断でミノタブの濃度アップをしていく事は危険な行為です。

ミノタブの濃度調整は慎重に行うべきものでAGA専門クリニックで医師の処方のもと服用することが大前提になります。

それ以外の点でもなぜAGA専門クリニックで薬を処方してもらうのがベストなのかについても詳しく解説していきます。

コチラの記事ではミノタブ2mg→4mg→6mg→8mgを服用していく過程でどの程度の効果が見られたのか、ミノタブの濃度アップは本当に効果があるのか、又どの部位に効果が出やすいのかを写真を交えて検証していく記事構成となっています。

ミノタブ2mg→4mg→6mg→8mgへ濃度アップした結果を写真で検証!

AGA治療開始から約2年5ヵ月経過しました。僕の治療経歴はAGA治療薬のみをずっと服用してきました。

簡単に言うと下記になります。

切替時期 服用してきたAGA治療薬
治療開始 フィナステリド1mg、ミノタブ2mg
1ヵ月経過 フィナステリド1mg、ミノタブ4mg
12ヵ月経過 フィナステリド1mg、ミノタブ6mg
1年6ヵ月経過 デュタステリド0.5mg、ミノタブ6mg
1年11ヵ月経過 デュタステリド0.5mg、ミノタブ8mg

まず薬を変更していく事でどれだけの効果があったのか確認していきましょう!

ミノタブは頭頂部に効果はあるのか?

写真で確認していくのが一番わかりやすいのでAGA治療開始からの経過時点での頭頂部写真でミノタブ効果の具合を見ていきましょう。

AGA治療開始からの経過月 頭頂部写真
0ヵ月

フィナステリド1mg、ミノタブ2mg服用開始

(この組み合わせを1ヵ月服用)

1ヵ月(濃度アップ)

フィナステリド1mg、ミノタブ4mg服用開始

(この組み合わせを11ヵ月服用)

銀クリ
12ヵ月(濃度アップ)

フィナステリド1mg、ミノタブ6mg服用開始

(この組み合わせを6ヵ月服用)

dsc00886
18ヵ月

デュタステリド0.5mg、ミノタブ6mg服用開始

(この組み合わせを5ヵ月服用)

AGAヘアクリニック
1年11ヵ月(濃度アップ)

デュタステリド0.5mg、ミノタブ8mg服用開始

(この組み合わせを6ヵ月服用)

2年5ヵ月

ミノタブ8mgを服用して6ヵ月経過

途中、フィナステリド→デュタステリドへ変更したこともありますがミノタブの濃度アップをしていく度に髪の毛が増えているのが分かります。

僕の場合、6mgと8mgへ変更してからがかなり髪の毛が増えた実感がありました。

AGAヘアクリニックの先生も頭頂部は特に効果が出やすい部位と話しがありました。僕のケースではミノタブ濃度アップは劇的な効果があったと言えます。

濃度アップすることで効果がある人は僕だけでなく多くの人で見られる傾向です。

しかし、これには個人差があるんですね。ミノタブ2mgではマックス効果を出すには難しくなりますがミノタブ4mg~5mgで十分な効果が出てしまう人も実際にはいます。

4mgで十分発毛した人が8mgを服用してもそれ以上発毛はしません。その人の限界値以上にはならないということです。

むやみやたらに濃度アップすれば効果が上がるというわけではありませんので注意が必要ですね。濃度が倍になると髪の毛の増え方も比例して倍になるというわけではないと言うことを理解しておきましょう!

僕が発毛したクリニックはここ!

①遠隔診療ができるので自宅で治療が可能【日本全国どこからでもOK】

②治療費が安い

③支払いが1ヵ月毎なので安心!

無料カウンセリングも遠隔診療で出来るからプライバシーが保てます。

>> AGAヘアクリニックの無料カウンセリングを予約する <<

ミノタブはM字部分に効果はあるのか?

生え際やM字ハゲで悩んでいる方は多いと思います。僕は頭頂部の方がひどい状態だったのですがM字部分も後退してきています。もちろんM字ハゲも発毛してほしいと願っている部分です。

そこでミノタブによるM字部分の発毛効果はどうだったのか写真を踏まえて検証していきたいと思います。

AGA治療開始からの経過月 頭頂部写真
0ヵ月

フィナステリド1mg、ミノタブ2mg服用開始

(この組み合わせを1ヵ月服用)

銀クリ
1ヵ月(濃度アップ)

フィナステリド1mg、ミノタブ4mg服用開始

(この組み合わせを11ヵ月服用)

銀クリ
12ヵ月(濃度アップ)

フィナステリド1mg、ミノタブ6mg服用開始

(この組み合わせを6ヵ月服用)

dsc00890
18ヵ月

デュタステリド0.5mg、ミノタブ6mg服用開始

(この組み合わせを5ヵ月服用)

AGAヘアクリニック
1年11ヵ月(濃度アップ)

デュタステリド0.5mg、ミノタブ8mg服用開始

(この組み合わせを6ヵ月服用)

AGAヘアクリニック
2年5ヵ月

ミノタブ8mgを服用して6ヵ月

上記写真を順に見ていくとM字の部分は解決していませんが生え際の髪の毛が太くなり、産毛が増えたことで髪の毛が治療開始当初からは増えているのが分かります。

劇的に増えるという人もいますが頭頂部ほどの効果が期待できないのも事実です。髪の毛が無くなってしまった部位に発毛させるのは非常に難しいことということです。

先日、湘南美容クリニックでM字ハゲを治す方法はないか聞いてみました。医師の話しでは自毛植毛で治すというのが現実的で有効な治療との事でした。

育毛メソセラピーなどの治療法はピンポイントに薬を注入することが可能ですが生え際は難しいという見解でした。

結論、M字や生え際の劇的な発毛は難しい!ですが太くなり、産毛が生えることである程度の改善は見込めるです。

ミノタブだけ服用しても髪の毛は増えない!?フィナステリド又はデュタステリドと併用する理由とは

ミノタブは単独で服用しても最大限の発毛効果は得られません!薬の効能としては血管を拡張させて血流を良くして頭部に栄養が行きやすくすることで髪の毛を太くしたり、発毛が促進されます。

しかし、髪の毛が抜ける原因は血流が悪いだけではありません。主な抜け毛の理由は男性ホルモンが関係しています。

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することでできるDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンができあがります。

このDHT(ジヒドロテストステロン)が悪さをして髪の毛が抜けていくという仕組みで薄毛になります。

フィナステリド又はデュタステリドを服用することで5αリダクターゼとテストステロンの結合をブロックすることができます。これにより抜け毛が減るという仕組みです。

フィナステリドとデュタステリドの違いについてはコチラの記事が参考になります。

プロペシアからザガーロに切り替えて髪が増える人の3つの条件
プロペシアからザガーロへ切り替えて髪が増えるのか!? 僕はAGA専門クリニックのフィナステリド→デュタステリドへ切り替えて結果が出た1...

ミノタブ単独では抜け毛を防止することは出来ない!!というのが結論です。そもそもミノタブとフィナステリド又はデュタステリドは効果・効能が違うということを抑えておきましょう。

ミノタブを濃度アップしても効果アップとならないケースもある!?

ミノタブの濃度アップに関しては先にも書きましたが濃度を上げたからと言って必ずしも発毛効果が比例してアップするとは限りません。

実際に濃度を上げると髪の毛が更に増えたという人が多いのも事実です。只、個人差があり4mgを服用して十分な発毛をしたという人もいれば8mgを服用してやっと十分な発毛があったなどさまざまです。

重要なポイントは自分にあったミノタブ濃度を知るということ。こればっかりは2年程度の時間をかけて徐々に濃度を上げていき、どの時点まで自分の髪の毛が増えるのかを確認していくしか方法はありません。

僕の場合は8mgまで発毛効果が出ましたのでミノタブ8mgが自身の限界値まで発毛させてくれる濃度だと言うことが分かりました。それまでの時間は2年5ヵ月です。

フィナステリドからデュタステリドに変更している事もあるので少し時間がかかっている方ですがそれを踏まえても2年程度の時間は必要になるでしょう。

僕が発毛したクリニックはここ!

①遠隔診療ができるので自宅で治療が可能【日本全国どこからでもOK】

②治療費が安い

③支払いが1ヵ月毎なので安心!

無料カウンセリングも遠隔診療で出来るからプライバシーが保てます。

>> AGAヘアクリニックの無料カウンセリングを予約する <<

ミノタブ服用開始から発毛するまでどのくらい期間がかかるの?

発毛開始時期は3ヵ月程度経過すると徐々に増えてきます。個人差はありますが増え始めるのは3~4ヵ月といったところです。

ミノタブ服用開始からしっかり発毛するまでは6ヵ月程度が1つの目安。濃度を上げるタイミングは6ヵ月スパンということです。

濃度調整ができるAGAクリニックでは2mg程度から治療開始して4mg、6mgと徐々に濃度アップしていく治療が一般的です。

2mgから開始する理由は副作用が出ないかを低濃度で確認する意味合いがあります。クリニックによりますが僕のケースでは2mgは1ヵ月服用して副作用が無いのを確認して4mgにアップしました。

ミノタブは標準的な濃度が4mg~5mg。この標準濃度で殆どの人は治療を行い発毛効果の経過観察をしていきます。

そして6ヵ月程度経過してまだ髪の毛が増やせる余力があるかを専門医師の目と、毎月撮影する写真でじっくり比較し患者とよく話し合いながら決めていくといった形になります。

基本的には身体への負担を考えて濃度調整は徐々に時間をかけて行うというのがポイントです。

ミノタブの副作用って大丈夫なの?

服用開始前は誰しも気になるのがこの副作用の問題です。ではミノタブの副作用はどんなものがあるのでしょうか?

①多毛症(全身の毛が増える)

②動悸、胸痛

③むくみ

④勃起不全(ED)

⑤低血圧症

⑥肝機能障害

など

多くの副作用の可能性が発生するのがミノタブを服用するデメリットです。副作用の発生確率は低いとされていますが実際に発症している人がいるということは理解しておかなければなりません。

【発毛するメリットと副作用のデメリットでどちらの方が自分にとって大きいか】が服用するかどうかのポイントになります。

このままどんどんハゲていく苦痛と、起こるか分かりませんが副作用の苦痛とどちらの苦痛が大きいか。ここをよく考えておきましょう!

上記に代表的な7つの副作用を書きました。1つ1つ確認していきましょう。

①多毛症

多毛症はほとんどの人に現れる現象です。ものすごい毛むくじゃらになるわけではありませんので男性であればそれほど気にする必要が無い副作用と言えますね。

スネ毛、腕毛が少し濃くなる程度の副作用です。

②動悸、胸痛

動悸や胸痛は心臓系なので最も心配な副作用ですよね。しかし考え方を変えれば動悸や胸痛が起きたら服用をストップすればいいだけの話しなので気にする必要はないと考えています。

この場合は服用し続けるのは危険ですので医師に相談しながら服用するようにしましょう。

③むくみ

これも程度の問題ですが、むくみが出るか出ないかは服用してみないと分かりませんのでそこまで気にする必要が無いと考えています。

気になるようなら医師に相談して止めるという選択肢になりますね。

④勃起不全(ED)

これは少しやっかいですね。起きるケースは少ないとされていますが、服用を止めても回復しないという方もいるので副作用リスクを理解した上で服用するようにしましょう!

健康上の問題というよりも、性生活に問題が出てくるので特に若い人の方が気になる副作用です。最悪、ED治療すればいいやと考えられるなら気にせずAGA治療を開始してみましょう。必ず起きるわけではないので。

⑤低血圧症

ミノタブは元々血圧を下げる薬ですので低血圧の人は注意が必要です。医師に相談をして服用すれば問題ない人の方が多いというのが結論です。

僕自身も低血圧で最高血圧が90~100位です。僕ケースでは服用しても問題ないと医師から言われていたので安心して服用をしています。念のため最初の数ヵ月は血圧を計測してもらっていましたが全く異常はありませんでした。

⑥肝機能障害

肝機能障害は薬を服用するなら何を服用しても起こりうることですので、健康診断で肝機能数値が正常であればそれほど気にする必要はないでしょう。

健康診断で肝機能の数値が悪いという人は医師によく相談する必要があります。

僕自身が肝機能の数値が10年来悪くて相談をして服用をしています。僕の場合はよくある脂肪肝が原因で食べ物、運動を気にしながら生活していると数値が下がってきます。

現在は少しだけ基準値を上回る程度になっていて、AGA治療薬を服用しても肝機能の数値が上がることはありません。

いずれにしても血液検査がありますので医師が検査結果を診て判断することになります。

ミノタブ服用して副作用の確率を下げる方法ってあるの?

ミノタブには濃度があって2mg~10mgが一般的に処方されている濃度です。

僕が通院していた銀座総合美容クリニックや現在、処方してもらっているAGAヘアクリニックの医師の見解では低い濃度から徐々に服用していくことでリスクを減らせると言うことでした。

又、濃度調整ができるクリニックでは高濃度になった時に朝・夜の2回に分けて服用するようになります。2回の服用にすることで一度にかかる身体への負担を減らし副作用がおきにくい状況が作れるということです。

ミノタブを処方してもらうなら濃度調整ができるAGA専門クリニックを選択した方が良いでしょう!ミノタブ5mgしか扱っていないというクリニックが多いので無料カウンセリング時に確認をしておきましょう!

フィナステリド又はデュタステリドだけ服用すれば増えた髪の毛は維持できるの?

フィナステリドやデュタステリドは抜け毛を防止する役目を持っています。ミノタブは血流をよくすることで頭部に栄養を届けやすい状態を作ることで発毛させるという薬です。

それぞれ役割が違うので両方を服用することで相乗効果となるという仕組みなんです。抜け毛が減って発毛させますので劇的に増える人も少なくありません。

ここでポイントは作用が違うということです。

ミノタブは血管拡張作用があり、血流をよくすることで頭部に栄養を届けやすくして発毛させます。AGAの人は頭頂部の血流が悪いケースが多く、特に効果が出やすい部位です。

フィナステリドやデュタステリドは男性ホルモンの影響で薄毛になってしまう。これを抑止することで抜け毛を減らすという効果があります。

ミノタブを服用しなくなると血流が悪い部位は当然血流が悪くなるので髪の毛が細くなったり、抜けたりします。これはフィナステリドやデュタステリドではどうしようもできない事なんです。

結論、フィナステリドやデュタステリドだけの服用ではミノタブで発毛した髪の毛を維持できないということになります。

せっかく増やした髪の毛です。ミノタブは服用を止めるのではなく、濃度を下げていくことを考えて行きましょう!

ミノタブはAGA専門クリニックで処方してもらうべき重要な5つの理由

AGA治療は専門医師の診断のもと薬を処方してもらうことが重要です。

ミノタブを手に入れる方法はAGA専門クリニックで処方してもらうか個人輸入代行業者から買うかになります。

まれに皮膚科でも処方しているケースもありますが探す方が大変でしょう。

それではどのように手に入れるのがべストなのでしょうか?

結論はAGA専門クリニックで処方してもらうことです。

なぜAGA専門クリニックで処方してもらうべきなのか重要な5つのポイントをおさえておきましょう。

副作用が発生した場合、医師に相談できる。

薬の飲み合わせなど電話1本で相談ができる。

本物の薬を処方してくれる。

必要な検査をした上で薬を処方してくれる。

濃度調整や減薬のタイミングを相談できる。

それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

副作用が発生した場合、医師に相談できる。

ミノタブは副作用リスクがある薬です。万が一、副作用が本当に起きてしまった時に誰にも相談できないなんてことになると困りますよね。

何かあった場合は必ず医師へ相談することが重要です。前もってリスクがあるのは分かっているからこそ専門医師の検査、診察を受けた上で処方してもらうことが重要です。

薬の飲み合わせなど電話1本で相談ができる。

AGA治療は長期間続きます。AGA治療中に体調が悪くて他の病院で薬を処方してもらうことってありますよね。

この場合、飲み合わせをそのクリニックで相談すると思いますがAGA治療薬との飲み合わせを全く理解していない医師は実際多く存在します。

ミノキシジルというと内服薬の方ではなくリアップなどの外用薬を思い浮かべる医師がほとんどです。

念のため、他の薬を処方してもらったらAGA専門クリニックでも飲み合わせの確認をしておきましょう!大抵のクリニックでは電話1本で飲み合わせが大丈夫かどうかを教えてくれます。

本物の薬を処方してくれる。

当たり前ですがAGA専門クリニックでは本物の薬を処方しています現在問題となっているのは個人輸入代行業者から手に入れる薬には偽物があるという事実です。

確率は低いかもしれませんが、もしかしたら変な物を飲まされているかもしれません。健康を損なうリスクもありますのでAGA専門クリニックで処方してもらうのが安心です。

必要な検査をした上で薬を処方してくれる。

AGA専門クリニックでは血液検査と血圧の測定を定期的に実施してくれます。肝機能、腎機能、血圧を確認して問題がなければ薬を処方してくれます。

街中の皮膚科では血液検査をせずに薬を処方しますので注意が必要です。ましてや個人輸入代行業者を利用して手に入れるのは非常に危険です。

自分の身体は自分しか守れません!!きちんと検査をしてくれるクリニックで処方してもらうことが重要です。

⑤濃度調整や減薬のタイミングを相談できる。

ミノタブを濃度アップしたり、ダウンさせたりということは自分で勝手に行うものではありません。医師と相談をしながら最適なタイミングで濃度調整をするものです。

もっと効果を上げたい場合は濃度アップして副作用リスクを下げたい場合は濃度を下げるといったことをする為です。

但し、濃度調整ができないAGA専門クリニックもありますので治療開始時に確認しておきましょう。

個人輸入代行業者からミノタブを購入する場合は自分で勝手に判断することになります。非常に危険ですので専門医師に診てもらうようにしましょう!

僕が発毛したクリニックはここ!

①遠隔診療ができるので自宅で治療が可能【日本全国どこからでもOK】

②治療費が安い

③支払いが1ヵ月毎なので安心!

無料カウンセリングも遠隔診療で出来るからプライバシーが保てます。

>> AGAヘアクリニックの無料カウンセリングを予約する <<

ミノタブ濃度調整ができるAGA専門クリニックで治療を受けた方が発毛効果が高くなる3つの理由

ミノタブ濃度調整ができるAGA専門クリニックで治療を受けた方が発毛効果がアップする可能性が上がります。

標準的な濃度である5mgでは自分の身体に合わないけど2mgの服用なら副作用が全く出ないという人がいるんですね。

このケースだとミノタブ5mgしか処方していないクリニックだとミノタブを飲むか飲まないか2つの選択肢しかありません。

上記のような理由でミノタブを服用できなかった人も濃度を低くすれば服用することができるんです。

他にも理由はあります。

ミノタブ濃度調整ができるAGA専門クリニックで治療を受けた方が発毛効果が高くなる重要な3つの理由は以下になります。

ミノタブ濃度アップすることで発毛効果アップが期待できる。

ミノタブ濃度を下げることで副作用リスクを最小限にすることができる。

ミノタブ濃度アップした時の副作用リスクを最小限にすることができる。

上記3つの理由を詳しく解説していきます。

①ミノタブ濃度アップすることで発毛効果アップが期待できる。

更なる発毛効果を出したい!と考えている人向けですが、ミノタブの濃度アップをすることができます。濃度アップすることで更なる発毛効果が期待できるからです。

標準的な濃度である5mgではあまり効果が出なかった人も8mgを服用することで発毛効果が出るということもあります。

濃度アップできるという選択肢があることで諦めていた更なる発毛の可能性が出てきます。

僕のケースでは4mg→6mg→8mgとミノタブを増量させる毎に髪の毛が増えていきました。

自分にあっているミノタブ濃度を知ることって今後AGA治療をする上で非常に重要な事です。

②ミノタブ濃度を下げることで副作用リスクを最小限にすることができる。

ミノタブを服用することで副作用が出る人はある一定数いるのが現状です。

副作用がでてしまった場合ミノタブを服用しないという選択をせざるを得なかった人でも濃度を下げることで服用できるケースが出てきます。

ミノタブを服用せずにAGA治療を行った場合には劇的な発毛は期待できませんがフィナステリド又はデュタステリドとミノタブを併用することで劇的な発毛効果が期待できます。

濃度が低くても併用して服用することが大きな発毛へとつながります。

③ミノタブ濃度アップした時の副作用リスクを最小限にすることができる。

ミノタブ濃度アップをした場合、朝と夜の2回服用にすることで副作用リスクを最小限にすることができます。

服用1回に対しての身体への負担を減らす効果があるからです。

例えばミノタブ6mgを服用するケースでは朝2mg服用して夜4mg服用するといった形を取ります。

こうすることで1回毎の負担を減らし副作用が起きにくい状況を作ります。

ミノタブ濃度調整はどこのAGA専門クリニックでもできるの?

ミノタブの濃度調整は限られたAGA専門クリニックでしか行っていません!標準濃度5mgでしか処方していないクリニックが多数ありますので治療開始時に確認しておく必要があります。

ほとんどのAGA専門クリニックでは濃度アップする毎に金額もアップする料金形態をとっています。ホームページに掲載されている金額はミノタブ濃度が記載されていません。

クリニックによっては2.5mg濃度を標準としていて安く料金を見せているケースがありますので注意が必要です。いざそれ以上の効果を出したいから濃度アップさせたいとなった時に1月+7,500円かかるという場合もあるからです。

その中でも一律価格で処方しているクリニックもあります。AGAヘアクリニックとヘアメディカルです。

特にAGAヘアクリニックは治療費用もかなりリーズナブルな設定となっています。分かりやすいように2院を比較してみました。

クリニック フィナステリド+ミノタブ 特徴
AGAヘアクリニック 15,500円 ミノタブ濃度は2mg、4mg、6mg、8mgの4種類。どの濃度で治療しても一律価格。かなり安い価格設定となっている。

※遠隔診療に力を入れているので日本全国どこからでも治療を受けることが可能です。

ヘアメディカル 27,000円 少し高めの金額設定。ヘアメディカルがすごいのは濃度は何mgでも調整ができるというところです。

通常のクリニックでは2mg毎又は2.5mg毎の濃度アップとなるのに対してヘアメディカルでは1mg毎の濃度調整が可能です。

高額な分、きめ細かいオーダーメイド処方をしています。

ヘアメディカルもミノタブ濃度調整しても一律価格です。

費用対効果で考えるならAGAヘアクリニックがNo1です。なぜならミノタブは2mg毎の調整ができれば十分な発毛効果が期待できるからです。

しかも価格が超リーズナブル!1ヵ月で使用できるAGA治療費用は限られているはずです。途中で想定外の金額アップとならないように確認しておくことが必要ですね。

日本全国どこからでも遠隔診療でAGA治療が受けられるAGAヘアクリニックの無料カウンセリング予約は下記からできます。

僕が発毛したクリニックはここ!

①遠隔診療ができるので自宅で治療が可能【日本全国どこからでもOK】

②治療費が安い

③支払いが1ヵ月毎なので安心!

無料カウンセリングも遠隔診療で出来るからプライバシーが保てます。

>> AGAヘアクリニックの無料カウンセリングを予約する <<

AGAヘアクリニックに興味のある方は下記の記事も参考になります。

AGAヘアクリニック(ヘアクリ)の本当の口コミ・評判!遠隔診療を受けている僕が伝えます!!
AGAヘアクリニック(ヘアクリ)は最近話題となっている遠隔診療(スマホTV電話)に力を入れているAGA専門のクリニックです。 ・けど肝...

AGAヘアクリニックに興味のある方は下記の記事も参考になります。

AGAヘアクリニックでのスマホTV電話(オンライン)AGA遠隔診療1回目 AGA治療1年5ヵ月経過(写真画像あり)
AGAヘアクリニックでスマホTV電話(オンライン)によるAGA遠隔診療を受けました。 僕はAGA治療を今まで1年5ヵ月の間、銀...

まとめ

結論、ミノタブ濃度アップすると更なる発毛効果が期待できる。

濃度アップができるAGA専門クリニックで治療を受けることがキーポイントということになります。

注意点は2点です。

ミノタブ濃度アップができないAGA専門クリニックがあるということ。

②ミノタブ濃度アップができるクリニックのほとんどが濃度を上げる度に金額も上がるということ。一律価格のクリニックを選択することで費用を抑えることができます。

※ミノタブ濃度調整が一律価格でできるクリニックではAGAヘアクリニックが最安値です。

無料カウンセリングを受ける時にミノタブ濃度アップに関してよく聞いておきましょう!

>> AGAヘアクリニックの無料カウンセリングを予約する <<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする