AGA治療開始から先月で4年経過。

4年薬を服用し続けてきたってことになります。計算してみたんですよ。僕がどれだけ薬を服用しているかを。

フィナステリド(途中からデュタステリド)1錠、ミノキシジル1錠、計2錠を飲み続けてきたのでザっと計算すると

2錠×365日×4年=2,920錠

厳密にいえばミノキシジルを2回に分けて服用してたり、忘れたりというのがあるので正確ではありませんがすごい量の薬を服用してきたと実感。

10年、20年と毛量を維持するには更に服用し続けるということです。どこかの段階では減薬というのも考えなければいけないのかもしれないと考えちゃいましたね。

さて話しは変わって今回は嬉しいことが起きました!AGA治療の費用が値下げになったんです。

正確に言うとオンライン診療価格なるものが設定されたとの事。

僕が治療を受けているAGAヘアクリニックだけでなく湘南美容クリニックでもオンライン価格を設定していますね。

ここで共有しておきたい情報は

※オンライン価格で比較しています。

AGA治療は高額治療=発毛効果が高い ではありませんので今現在治療を受けている人もクリニックを定期的に変更して安くするという事も必要だと思いますね。スマホの乗り換えみたいな感じです。

何となくですが徐々にオンライン化していく予感。僕ら患者側からするとイイ流れです。

おそらく、価格競争がもう一段階おきて更に安くなるような気がしています。1万切ってくるクリニックが出てくることを密かに期待したいと思います。

今回の記事では4年経過の画像、AGAヘアクリニックのオンライン価格について解説していきます。

AGA治療4年経過

薄毛治療47ヵ月経過レビュー

デュタステリド0.5mg(29ヵ月服用)

ミノキシジル8mg(24ヵ月服用)

薄毛治療48ヵ月経過レビュー

デュタステリド0.5mg(30ヵ月服用)

ミノキシジル8mg(25ヵ月服用)

4年経過していますので全く変化はありません。

この4年間で分かった事は

  1. 時期によって抜け毛の量はかなり違うということ。
  2. 秋口が最も髪の毛が減り、冬~春にかけてが髪の毛が最も増えている。(僕の感覚)
  3. 薬の成分、濃度によって発毛量が変わってくる。同じ薬なら安いクリニックを選択したほうがいい。
  4. 筋トレが原因で薄くならない。(AGA治療をしているケースですが)
  5. AGA治療はオンライン診療があってる。
  6. 毛根が生きているかどうかで治療効果が違ってくる。(ハゲ歴25年の僕でも毛根が生きていたから生えた)

などです。細かく言ったらまだあると思います。

クリニックの先生もですが、結局は治療してみないと分からないんですよね。発毛するかどうかなんて。

AGAヘアクリニックのオンライン価格が安くなりました!

嬉しい事にオンライン価格なるものが設定されました。

変更内容は以下になります。

治療薬 来院 オンライン
FINA(フィナステリド) 5,500円 4,800円
DUTA(デュタステリド) 8,000円 7,200円
MINOCK(ミノタブ) 10,000円 9,000円
MINOCK LIQUID(外用薬) 13,000円 12,000円

上記が主要な変更内容です。

 

僕が服用しているデュタステリド0.5mgとミノキシジル8mgだと

デュタステリド・・・8,000円➡7,200円

ミノキシジル・・・10,000円➡9,000円

計16,200円 となりました。(配送費520円)

今までよりも1,800円安く治療ができるようになったという事です。

 

湘南美容クリニックがオンライン価格を採用してかなりリーズナブルな価格設定となっていますがAGAヘアクリニックもオンライン価格を採用してくれましたね。患者側としてはこういった改定は本当に嬉しいものです。

冒頭でも書きましたが

となります。

僕はデュタステリドとミノタブを服用しているのでAGAヘアクリニックが最安値ということになります。

まとめ

AGA専門クリニックは価格競争になってきていますね。

AGA治療薬自体は差別化がしづらいという事です。結局はどこのクリニックの薬を服用しても結果は同じ。

違うとしたら薬の成分、濃度が違う場合のみと言ったところです。

個人的にはこう考えています。

薬の濃度変更ができて且つ費用が安いAGA専門クリニックを選択するのがベストです!

オンライン価格を採用しているクリニックはリーズナブルというのもポイント。

なるべく安い費用で高い効果を出すことを考えましょう!

おすすめの記事