AGA治療すると何カ月くらいで発毛するの?

 

この疑問AGA治療を始めたハゲなら必ず考える事です。

 

この記事を見てるという事はAGA治療を始めたばかり又は始めたい人だと思います。

 

個人差があるというのは大前提としてありますが目安はというと

 

AGA治療は何カ月で発毛するか?
3~4ヵ月・・・発毛が少し分かる程度
6ヵ月・・・見た目で髪の毛が増えた事が分かる
1年・・・上手くいけばフサフサ状態に!
2年・・・濃度アップなどすれば更なるフサフサの可能性も!
それ以降・・・維持

 

これがオーソドックスな形。僕が当初銀クリで聞いたのは3ヵ月・6ヵ月・1年の目安。

 

2年以降は僕が体感した内容を目安にしています。

 

コチラの記事はこんな方に役立ちます!

 

  • 夏までに髪の毛を増やしたい!
  • どの位の期間で生えるのか体験者に聞きたい!
  • 薬の効果が出てるのか出てないのかの目安を知りたい!

 

これらの人がこの記事から得られる事は以下になります。

 

この記事で得られること
➀髪の毛が増えるのに何カ月程度かかるかが分かります。
②自分が服用している薬で効果が出ているかの目安が分かります。
③治療時期ごとの薬をどう変更していけばいいかが分かるようになります。
結果、自分のポテンシャルMAXまで髪の毛を増やすことができます。

 

僕の実体験写真を簡単にまとめました

僕の実体験写真を簡単にまとめていきます。ここで言っておかなければならないのは僕のケースはオーソドックスではないという事。

 

なぜなら途中経過で円形脱毛症になったからです。なのでこの部分(4~6ヵ月の写真)は省いています。

 

さてそれでは写真を確認していきましょう!

 

治療開始前

治療開始前(頭頂部) 薬:フィナステリド1mg、ミノタブ2mgで治療開始

 

違うアングル撮影しておけばよかったと後悔してます。というのも横から見てもハゲが分かるような状態だったから。

 

写真以上にハゲてるという事だけは伝えさせてください。

 

3ヵ月経過

そしてフィナステリドとミノキシジルを服用すること3ヵ月が経過。

 

その状態は下記になります。

 

治療3ヵ月 薬:フィナステリド1mg、ミノタブ2mgを1ヵ月服用

フィナステリド1mg、ミノタブ4mgを2ヵ月服用  計3ヵ月服用

髪の毛が徐々に増え始めているのが分かります。

 

頭頂部、M字ともに発毛効果が出てきています。

 

1年経過

1年経過 薬:フィナステリド1mg、ミノタブ4mg

髪の毛は見て分かる程増えることに成功!

 

しかし、頭頂部・M字ともにまだまだ物足りなく感じてました。

 

この時点で更なる発毛を目指しミノタブ濃度4mg➡6mgへ変更しました。

 

1年半経過

1年半経過 薬:フィナステリド1mg、ミノタブ6mg

1年~1年半は増えて減ってを繰り返していました。

 

ここで感じたのはフィナステリドでは抜け毛が予防しきれていないのではと感じ始めます。

 

ミノタブ濃度をアップさせた時は髪の毛が増える➡その毛量は維持ができない。

 

こんな形を推測しました。

 

そこで考えたのがフィナステリド➡デュタステリドへの薬の変更です。

 

実際にこの時点でデュタステリドへと変更をします。

 

2年経過

2年経過 薬:デュタステリド0.5mg、ミノキシジル6mg

1年11ヵ月~2年:ミノタブ8mgへ変更

ほぼデュタステリドの効果で髪の毛が劇的復活!

 

頭頂部が飛躍的に改善しました。

 

おそらく僕のケースではフィナステリドでは抑えきれない5αリダクターゼⅠ型が影響していたものと考えられます。

 

このように薬を変更する事で発毛効果を高められる可能性があるということ。

 

1年程度で発毛は鈍化するのがオーソドックスな流れですがそこで維持をするのか、それとも攻めるのかは自分の判断をする。

 

個人的には副作用さえ出てなければ攻め込んだ方が良いと思いますね。

 

結局AGA治療開始から何カ月で発毛するの?

冒頭でも書きましたが下記が目安です。

 

AGA治療は何カ月で発毛するか?
3~4ヵ月・・・発毛が少し分かる程度
6ヵ月・・・見た目で髪の毛が増えた事が分かる
1年・・・上手くいけばフサフサ状態に!
2年・・・濃度アップなどすれば更なるフサフサの可能性も!
それ以降・・・維持

 

一番気になるのは見た目に分かるほど髪の毛が増えるというところです。

 

なので結論、6ヵ月程度が目安になります。

 

この時点で何も反応がなく、髪の毛が全く増えてないって方は2つの可能性が考えられます。

 

  1. 薬が効きにくい体質である。
  2. 毛根自体が死んでいる。

 

対応としては

薬が効きにくい人の対応➡濃度アップや成分変更を考える。

毛根自体が死んでる人➡自毛植毛を考える。

になります。

 

しかし、どちらが原因かなんてのは分かりませんよね。

 

じゃあ、どうするか?

 

僕が考える取るべき行動はハゲてる部位別で考えます。

 

部位別ハゲ 行動指針
✔頭頂部ハゲは薬で発毛しやすいので濃度アップや成分変更を試みる。
✔M字ハゲ、生え際ハゲは薬で生えにくいので自毛植毛を考える。

 

これにより少しでも費用対効果の高い治療へと進めると考えています。

 

まとめ

結論、見た目に分かる程の発毛は6ヵ月程度。

 

もちろん、個人差があるので治療してみたら違ったという事はあると思います。

 

あくまで目安であるという事だけはお忘れなく。

 

夏までにどうにかしたい!とか考えてるなら遅くとも春先にはAGA治療を始める必要があるということになりますね。

おすすめの記事